【組織開発:事例】本田技研工業株式会社様:関係性マネジメントの現場浸透に向けた導入本を共同制作

更新日:10月8日

 この度、本田技研工業株式会社様より弊社にご発注頂きました、組織開発コンサルティング「組織開発導入本の制作」の取り組みが、BIZHINT記事の一部で掲載されました。


【対象記事】

Hondaの進化に向けて今必要な「組織内の関係性」を創り出すために。現場と伴走した3年間の歩みとは

https://bizhint.jp/report/199334

※記事内一部取り上げ(記事下部)


 2020年度、本田技研工業株式会社の人事部人材開発課様より「Honda社員一人一人の個を活かし、組織がより活性化するよう、組織開発の視点を全事業所に導入したいが事業所毎に業務内容や組織状況が異なるため、マネジメント層に対しメンバーへの『伝え方』『関わり方』をどのように伝えていったら良いかを悩んでいる」とご相談を頂きました。


 そこで、弊社より「インナーブランディング」の視点を含めた組織開発コンサルティング(組織開発導入施策)をご提案させて頂き、本田技研工業様に伴走して、半年間かけて中間管理職の方々に対する「組織開発の導入本」を制作いたしました。


 今回、本田技研工業様とのお取り組みでは、弊社代表取締役の山田聖子、「中間管理職のためのメンタープログラム Good Team」のメンター兼組織開発コンサルタントの塙博臣と共にコンサルティングに入らせて頂いております。



【お問い合わせ】

株式会社Hitoiro

info@hito-iro.co.jp